さまざまな金属材料の特性を知っておけば製品選びの参考になる

さまざまな金属材料の特性を知っておけば製品選びの参考になる

歴史と伝統を感じさせる金属材料を使った製品とは?

銀色のドアノブ

金属材料が人々によって使われてきた歴史は長く、仕事や日常生活に役立つ製品も非常に多いです。特に農業が主要な産業であった時代には、鉄を使った鋤や鍬などの製造技術が大きく発展しています。また鉄などの質の高い金属材料を作るためには、木炭などの燃料にこだわったり温度調整にも気を配る必要があります。そして完成した製品を丁寧に研磨すると、金属材料の長所を生かしながら質の高い刃物や農具などを作ることができます。硬くて強いのが金属材料の一番の特徴ですが、見た目が美しいために美術工芸品の材料としても人気があります。
特に金を使った工芸品が代表的であり、金箔を貼り付けた漆塗りの重箱などは一般家庭でもよく使われています。しかし伝統的な手法を使って製品を作るためには、長い時間と熟練した職人の技術が必要になるのも事実です。そのために製造コストは非常に高く、次第に伝統的な金属製品は使われなくなっています。けれども伝統を守るための活動も活発であり、各地で地域の企業が昔ながらの技術を使って金属製品を作り始めています。古い技術を新しいテクノロジーと融合させると、数百年の伝統がある企業や職人のノウハウも復活させることができます。

TOP